日本史(幕末~明治)の楽しみ方

とにかく幕末から明治維新にかけての日本史が大好きです。特に私が今住んでいる鹿児島市は、幕末から明治維新にかけて一番の原動力となり、多くの影響力を発揮した薩摩藩直轄の地であります。実際鹿児島市民の多くは、西郷隆盛を英雄視する風習が根強くあります。たしかに西郷隆盛がその当時の日本にもたらした功績や影響力は多大なるものがあります。幕末から明治維新派まさに西郷隆盛あっての歴史ドラマだといっても過言ではありません。しかし世間一般に言われる「おおらかで人徳が大変ある魅力的な西郷さん」といったイメージには、鹿児島の方々には大変申し訳ないのですが少々首をかしげたくなる時があります。たしかにそういった魅力的な人物であることは、その当時の同じ時代を生きた勝海舟・木戸孝允などの証言やエピソードにより十分うかがい知れます。とにかく肝の据わったどっしりとした大人物ではあったようです。しかし人徳厚く、誰に対しても優しく性格的に裏表のない人物とは言い切れないと思います。私もこれまでこの時代が好きすぎて数多くの文献を読んできました。そんな中西郷隆盛のイメージが温厚からだんだんとそのイメージを変え、時には冷血非情で、時にはとんでもないほどの腹黒さを感じさせるほどの策略家であったことがわかります。小御所会議と言われる当時の京都の御所内で、薩摩藩・長州藩・土佐藩などで討幕かどうかでもめにもめた会議がありました。その中で土佐藩・山内容堂がその会議にて徳川慶喜が参列していないことはおかしいと異議を唱えます。西郷隆盛らは討幕へと導きたい立場上、徳川慶喜を活かそうとするこういった考え方は正直障害となります。紛糾する会議も一時休憩をはさんだときです。外で警備をしている西郷隆盛にその会議の状況を伝えたところ、とんでもない一言を発します。「短刀一本あれば片が付く」と。要は反論するものは短刀で刺し違えろという意味です。人徳厚い西郷隆盛であるならば、「誠意を尽くして話し合えば分かり合える」と言いそうなところですが、実際は全く違いました。この一言により山内容堂は身の危険を察し、その後発言することなく結局会議は討幕という結論付で終わります。話し合いの場をまさに武力にて収めた瞬間でした。実際このシーンはNHK大河ドラマ「西郷どん」でも再現されていましたが、とにかくイメージが違いすぎるのです。こういったエピソードはほかにもいくつかあります。西郷隆盛の裏の恐ろしい一面を垣間見た瞬間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です